体験ツアーについて

館内はインストラクターによるツアー形式での案内となります。
ツアー所要時間 60分~90分間(ツアー出発まで10分~30分間程度の待ち時間があります)

オリエンテーション
防災体験ツアーのスタートです。過去に起こった地震を確認し、地震・火災・風水害の恐ろしさと防災意識の重要性を紹介します。
総合テーマ室
大時計にて、千葉県に影響を及ぼした地震と、今後の地震発生の確率を確認します。併せて、地震によって引き起こされた都市型災害の状況をテレビモニターで再現し、相互対話型のストーリー展開を体験者が判断しながら、防災知識を学びます。
地震の科学
東日本大震災や阪神・淡路大震災などと同様の状況を、起振装置により再現し、体験することが出来ます。また、地震のメカニズムや地震時の行動、日頃の備えの重要性についても学びます。
風水害の科学
風水害のメカニズムや自然災害から身を守るための知識について学ぶことができます。また、風速30m/秒、雨量30mm/時の風雨の威力を実際に体験し、自然災害から身を守るための知識を学びます。
応急救護
突然、心臓が止まってしまった人を救う為、そばに居合わせた人が救急処置を行うことが大切です。災害時の応急救護の方法を、知識だけでなく、訓練用人体模型(レサシ・アン)を使った心肺蘇生法を体験し、AEDの使用方法を学びます。
火災と消火の科学
火災・消火器についての知識を身に付け、初期消火の方法を学びます。映像により火災発生時の状況を見ながら、訓練用の消火器を用いて消火訓練を体験します。
避難と安全
火災時の、主に煙による災害の実態や煙の性質についての知識を深め、ホテル火災を想定した体験装置により、煙の中を安全に避難する方法を学びます。
通報と消防
火災と救急についての通報の仕組みを学びます。家庭用固定電話、携帯電話、公衆電話、それぞれの特性を理解し、119番通報シミュレーションにより、慌てずに通報する為の体験を行います。